矢口渡で働く不動産屋の社長とその仲間たち
矢口渡で働く不動産屋の社長とその仲間たち http://www.yaguchinowatashi.co.jp/ 矢口渡専門の不動産屋イーハウス社長とその仲間たちからの耳寄り情報やら日々の独り言などなど

プロフィール

矢口渡イーハウス

Author:矢口渡イーハウス
矢口渡大好き社長とその仲間達



イーハウス物件情報はこちら

vividBtnSearchRent.jpg   

vividBtnSearchSale.jpg


vividBtnMypage.jpg
マイページ登録で非公開物件も検索できます。お探しの条件に合った、最新情報が届きますので、おすすめのサービスです。是非ご利用下さい。









最新記事



カテゴリ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



ブログ村



フリーエリア

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初ボランティア

仕事関係の縁があって東北ボランティアに行ってきました。
訪れたのは宮城県の山元町。海がすぐそばで、津波により町の殆どが流されてしまった所だそうです。



ボランティア活動は畑作業のお手伝いだったのですが、その前に地元の被災者の方の案内で、中浜小学校という津波の被害は受けたが建物はかろうじて残っている場所に行きました。



校舎は2階建で、写真の青い看板の所まで津波が到達したとか。

ボランティア201409 (4)

津波によって倒れた時計。

ボランティア201409 (5)

校舎内は大木が流れ込んでいたり、色々なものが倒れていたり、津波の恐ろしさを目の当たりにしました。

ボランティア201409 (6)

こちらの学校は3階に屋上があり、そこに生徒や近所の住人たち計90名が避難して助かったんですって。写真は撮ってないけれど、実際に屋上のそのお部屋を見た時には泣きそうになりましたよ。

狭くて電気もトイレもない寒いお部屋で、外は2階まで津波が打ち寄せ、津波の衝撃音と共に一夜を過ごさないといけなかった生徒たち。想像するだけで恐怖感を覚える。

翌朝は綺麗な朝日が昇ったそうです。



みんなの命を守った中浜小学校は昨年閉校となりました。これは生徒さん達の手形で作った虹。

ボランティア201409 (3)

こんなに穏やかな海があんなに多くの犠牲者をだすなんて。皮肉ですね。

ボランティア201409 (2)

今は家が全く建っていないけれど、ここには家がいっぱい建っていたんですって。

ボランティア201409 (1)

震災から3年半経って初めて知る現実。
まるで大昔の資料館に行ったような錯覚をしたけどほんの3年半前はここで平和に暮らしていた人がいたんですね。



もっと伝えたい事がいっぱいあるけれど、実際に被災地で見て感じてくれたらいいなぁ。地元の方も、風評させたくないからこの現実を写真に撮って周りに伝えて欲しいと言ってました。



畑作業のお手伝いはほんの数時間しかしてないけれど、しない善よりする偽善。復興支援と直接関係はないかも知れないけれど、被災者の方々ともふれあえていい汗かいたな。



また機会があったら積極的に参加したいです。



☆りんだ




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://yaguchinowatashi.blog93.fc2.com/tb.php/2759-cdea0946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。